ボードルーム・レビュー・ジャパン株式会社

取締役会評価のご案内

ボードルーム・レビュー・ジャパンでは次のような取締役会評価プログラムをご提案いたします。

取締役・監査役・経営陣の皆様の理解促進

取締役会メンバーにおいて、コーポレートガバナンス・コードや取締役会評価に対する理解の度合いが異なるケースがあります。取締役会のあり方と自社の企業価値向上がどのように結びつくのか、取締役会評価を自社の持続的成長にどのように役立てていくのかについて、取締役や監査役の皆様にご理解していただくためのプログラムを提供しています。

取締役会評価の質問票の策定支援

取締役会評価では、質問票による書面の回答とその分析は不可欠です。企業の取締役会の状況、経営・事業の現状に合わせた各社独自の質問票の策定を支援いたします。また、匿名性の維持の観点からの配布・回収方法、回答結果の的確な分析に関しても、アドバイスを提供いたします。

取締役・監査役の皆様との個別インタビュー・ディスカッションの実施

取締役会評価において最も重要な部分は、取締役会のメンバーである各取締役と各監査役に対する個別インタビューの実施です。数多くの企業での経験を有する弊社のコンサルタントが皆さまとのインタビュー・ディスカッションを行います。

取締役会における議論

取締役会評価では、ほとんどの過程を自社で行う自社で行う自己評価であっても、外部の専門家の支援を受ける第三者評価であっても、評価の主体は取締役会となります。評価の分析結果を受けて、取締役会で十分な議論を行い、課題に対してはアクションをとることが期待されています。取締役会で議論を進めるにあたって重視すべきポイントなどについて、アドバイスを提供いたします。

取締役会評価の開示

ガバナンス・コードでは評価の結果を開示することが求められています。取締役会評価の内容は機密性の高い内容を多く含んでいます。機密性に十分考慮しつつ、一方で投資家との建設的な対話のベースとなるような開示を目指す企業の支援をいたします。

PAGE
TOP